お子様の歯列矯正「床矯正」

こんにちは、JR尼崎駅前の久原歯科です。
暑い日が続いていますね。お出かけの際は熱中症などにご注意ください。

さて、本日はお子様の矯正治療についてお話しします。
お子様の歯並びについて不安を感じていらっしゃるお母様・お父様も多いのではないでしょうか?

お子様の歯列矯正には、抜歯をしない「床矯正」がおすすめです。床矯正は「しょうきょうせい」と読み、顎を適切な大きさに拡げて歯並びを整えるという矯正方法です。

乱れた歯並びの原因の多くは、歯が生えるスペースが足りないこと(=顎の成長不足)です。永久歯が本来の正しい位置に生えるようにするためには、適切な顎の成長を促すことが大切です。
顎の成長時期を考慮すると、6歳から10歳までの間に矯正治療を開始するのが望ましいと言われています。

治療では、写真のような床矯正装置を利用して顎を拡大したり、歯並びを整えていきます。装置は自分で取り外しができるため、ブラッシングやお手入れが楽で、口腔内を清潔に保つことができます。
装着時間が長いほど効果がありますが、1日に14時間以上装着できれば治療は可能です。

また歯列矯正には、歯並びの乱れの原因である食事の環境や悪い習慣を改善する「バイオセラピー(生物学的機能療法)」も大切です。当院では、どのような環境・習慣が悪影響を与えるか、どう改善していけばいいかのアドバイスも治療と同時にさせていただきます。

治療費や治療の流れなど、ご興味のある方は当院HP「診療案内」から「床矯正」ページをご覧ください。(http://www.kuhara-dc.com/mc_info2/)

普段よりも自由時間が増える夏休みを利用して、ぜひ歯科医院にお越しくださいね!
治療だけでなく、定期検診や虫歯チェックにもお気軽にお立ち寄りください。
皆様のご来院を心よりお待ちしております。

カテゴリー: 床矯正, 治療について パーマリンク