【失った歯を補う治療】インプラントとは

こんにちは、JR尼崎駅前の久原歯科です。
失った歯を補うには、ブリッジ、入れ歯、インプラント3種類の方法があります。
その中でもインプラントについて、数回に分けご説明したいと思います。

インプラントとは、チタン製の小さなネジのような形状のインプラント体を顎の骨の中に埋め込み、それを土台として人工歯を取り付けたものです。
ブリッジや入れ歯でも歯冠(歯の歯ぐきから上の部分)を補うことはできますが、歯の根の部分まで再現することはできません。
インプラントは見た目・機能面の両方において、天然歯にもっとも近い状態に戻すことができる治療と言われています。


インプラントの構造は、

土 台:フィクスチャー(インプラント体)
支 台:アバットメント

上部構造:セラミックなどの人工歯
から成り立っています。

フィクスチャーは顎の骨に直接埋め込む、歯の根の役割をする部分です。ネジのような形状をしており、金属アレルギーの心配が少ないチタン製です。
アバットメントはフィクスチャーの上に取り付ける部分で、上部構造を支える働きをしています。
上部構造はアパットメントの上に取り付ける人工歯です。素材は様々な種類から歯科医師とご相談の上お選びいただけます(白い素材となることが多いです)。


インプラントの治療費は、

フィクスチャー(インプラント体)埋入手術:270,000円
※前歯部の場合は290,000円となります
アバットメント:32,400円
上部構造:108,000円
合計410,400円(税込)です。

骨量に問題がある方は別途金額が必要となる場合がございます。その場合は診察時にご説明いたしますのでご安心ください。

インプラントにご興味をお持ちの方がおられましたら、ぜひお気軽にご相談ください。

カテゴリー: インプラント, 治療について パーマリンク